アクリル樹脂 PMMAPLEXIGLAS Satinice df 22 8N

アクリル樹脂 PMMA PLEXIGLAS Satinice df 22 8N
  • アクリル樹脂 PMMA PLEXIGLAS Satinice df 22 8N
アクリル樹脂 光拡散グレード

・拡散材効果による優れた光源の隠蔽性が実現出来ます。
・板厚が増すほど、光の拡散効果(半値角)も上がります。
・df22は拡散効果がdf21より高いグレードです。

PLEXIGLASはRöhm GmbH社の登録商標であり、当社は日本販売元です。

優れた光源の隠蔽性
拡散材配合量の違いによるグレードバリエーション
優れた耐候性
高い透過率
優れた表面硬度

板厚-半値角の相関

板厚-半値角の相関

用途説明

PLEXIGLAS Satinice dfは従来のアクリル樹脂の特長である、優れた耐候性と高い表面硬度を保ちながら、拡散材効果によるLED光源の粒々感(ホットスポット)を無くすことが可能です。例えば自動車分野では、リアランプに使用することでデザイン性を更に追求出来ると同時に、拡散効果によるランプの視認性上がることで安全性の向上に貢献します。それ以外でも、一般照明の分野では住宅、店舗等の照明に使用することで快適な空間の演出も可能です。

用途例

OpelのCrossland XのテールライトカバーでHELLA社の採用。ランプに鮮やかな赤を 表現出来ることで外観デザインが向上。併せて、優れた拡散効果により、LED光源を ライトカバーに、より近づけて配置が可能となり、モジュールの小型化により、トラ ンクスペースを大きくすることが出来た。

  • OpelのCrossland XのテールライトカバーでHELLA社の採用。ランプに鮮やかな赤を 表現出来ることで外観デザインが向上。併せて、優れた拡散効果により、LED光源を ライトカバーに、より近づけて配置が可能となり、モジュールの小型化により、トラ ンクスペースを大きくすることが出来た。